外食や出前とは違う

ケータリングという新しい形の食事のスタイルが日本でも定着しています。
自宅や会社にいながら、自炊以外の食事を済ませる方法は出前と惣菜くらいです。
しかし、惣菜は購入するお店によって味の品質が相当異なります。
出前においては温かい料理であっても冷めた状態で届くことが多いです。
また外食を考えてもコストが想像以上にかかることもしばしばあります。
今、新しい食のスタイルとして注目されているのがケータリングです。
温かくて美味しい料理を自宅へ職場まで届けてくれます。
出前との違いは、料理を届けて終わりではなく、配膳のセッティング等を行ってくれることです。
料理の質も高く外食で提供されるような美味しい料理をベストな状態で届けてくれます。

パーティー等にフル活用

ケータリングを活用する場面としてはパーティーや会社での勉強会等が最適です。
配膳までしてくれるケータリングの良さは、料理を用意するだけではなく、フードやドリンクまで丁寧に配ってくれることです。
特に大勢のゲストが出席するパーティーにおいては、パーティー向けの料理やスープやドリンク類等も提供してくれ、さらに配膳と片づけまで行ってくれるのでパーティーの主催者側としては助かる部分が多いです。
また社内での研修や勉強会において食事は欠かせないです。
労力を割と使う研修の場で、冷たい幕の内弁当だと気持ちが下がってしまうので、温かい料理や汁物を提供してくれるケータリングだと社員たちも美味しく料理を楽しむことができます。

 

ママ友会等でも活用

ママ友会でもケータリングを活用できます。
子供が幼稚園くらいになると幼稚園のママ友と子供達で一緒にホームパーティーを開催する機会が多くなります。
料理が苦手なママは、デパ地下のお惣菜を活用したりと乗り切ります。
パーティーの準備で一番大変なのが料理です。
料理が得意なままでもパーティーメニューを手際よく作るのは大変です。
だからこそ、ママ友同士のパーティーではケータリングを活用するのが一番です。
ケータリングだと子供やママ達の好みに合った料理を相談できますし、またアレルギーに応じた料理も作ってくれます。
それに配膳や片付けも行ってくれるので、ママ達で分担することもなくパーティーを気軽に楽しむことができます。
それにインスタグラムを行っているママは、ケータリングを読んでパーティーをしている様子をアップするといいね!をたくさん押してもらえるかもしれないです。

お葬式でも活用

最近のお葬式は、セレモニーホールで行うので参列者に振る舞う精進落としはホール側から提供される傾向があります。
しかし一部の田舎では、セレモニーホールではなく自宅や本家でお葬式を行うケースがまだあります。
その場合は、奥様方が料理などを振る舞うことが多く、悲しみに暮れているお葬式のはずなのにバタバタと一日中忙しく動き回っています。
また地方によってはお葬式当日に何食も料理を振る舞わないといけない場合があります。
料理を振る舞うだけで負担に感じるなら、ケータリングを活用することです。
ケータリングでは決してパーティーメニューばかりではなく冠婚葬祭に適した料理も提供してくれます。
お葬式が決まったと同時にケータリング業者に連絡を入れて、精進落とし等の料理の相談をすることで準備の負担を一気に減らせます。
ケータリングの良さは、料理を運んでくれるだけではなく、大勢いる参列者に料理を配って頂けますし、また片付けも全て行ってくれます。
お葬式は結婚式よりも参列する人数が多くなるので、ケータリングは欠かせない存在です。
また喪主側だけではなく、お手伝いをしてくれる奥様方の負担も減らせるメリットがあります。